駐日欧州連合代表部

EU市民のEUの将来に対する楽観度、2009年以来の最高値に達する

Brussels, 10/09/2021 - 12:00, UNIQUE ID: 210913_1
Press releases

EU News 204/2021

<日本語仮抄訳>

欧州市民の欧州連合(EU)に対する態度は前向きかつ概ね安定していることが、2021年6月~7月にかけて実施された最新の標準ユーロバロメーター(EU世論調査)の結果で示された。

EUの将来を楽観しているとの回答は2009年以来の最多となり、EUに対する信頼は2008年以来の最高水準を維持している。単一通貨ユーロに対する支持も2004年以来安定して最高値が続いている。今回の調査ではまた、各EU加盟国の経済状況に対する考えが大幅に改善したことも示された。

欧州市民のEUレベルでの最大関心事は経済状況であり、環境と気候変動、移民・難民と続く。国レベルでは「保健」が依然として最大の問題であり、自国の経済状況よりわずかに上回っている。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: