駐日欧州連合代表部

欧州委員会、EU域内の「法の支配」の状況に関する本年の報告書を発表

Brussels, 20/07/2021 - 11:50, UNIQUE ID: 210721_1
Press releases

EU News 178/2021

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、EU全域を対象とした2回目となる「法の支配に関する報告書」と、法の支配の尊重状況についてEU全域および各加盟国ごとの章で構成されるコミュニケーション(政策文書)を発表した。2021年版の本報告書は、昨年9月以降の新たな出来事について調べ、前回の報告書で浮き彫りになった問題に対する評価を深め、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響も考慮した。同報告書は、2020年版の報告書で課題として提示された問題への対応が進むなど、EU加盟国では総じて多くの前向きな動きがあったことを示している。しかしながら、懸念は残っており、いくつかの加盟国では司法の独立やメディアの現状などにおいてこれらの懸念は増している。本年の報告書はまた、今般のパンデミック下において国家体制が大きな強靭性を有していることを強調した。このパンデミックは、法の支配を堅持する、抑制と均衡のシステムを維持できる能力の重要性をも示している。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: