駐日欧州連合代表部

EU、域内移動の円滑化に向けた「デジタルCOVID証明書」に関する規則に署名

Brussels, 14/06/2021 - 12:00, UNIQUE ID: 210615_1
Press releases

EU News 145/2021

<日本語仮抄訳>

欧州議会議長、欧州連合(EU)理事会議長国(ポルトガル)首相および欧州委員会委員長は本日、「EUデジタル新型コロナウイルス感染症(COVID)証明書に関する規則」の署名式に出席し、同規則の立法手続きは終了した。

EUデジタルCOVID証明書

EUデジタルCOVID証明書の目的は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの間のEU域内の安全かつ自由な移動を円滑化することにある。全てのEU市民は、同証明書無しでも自由に移動する権利を有するが、同証明書を保持することで保有者は隔離などの規制を免除され、渡航が円滑になる。

EUデジタルCOVID証明書は全ての人が入手でき、以下の特長を持つ。

  • 新型コロナのワクチン接種、検査結果および回復状況を示す
  • 無料で全EU公用語で提供される
  • デジタルと紙の2形式で発行される
  • 安全で、デジタル署名を含むQRコードを含む。

EU加盟各国は、公衆衛生を守るために必要かつ状況を鑑みて相応な場合以外は、同証明書保有者に追加的渡航制限を設けることを控える。

さらに、欧州委員会は、加盟国が手ごろな価格で検査を実施できるよう、緊急支援制度(Emergency Support Instrument)を通じて1億ユーロを提供することを約束した。

今般の規則は2021年7月1日より1年間適用される。

 

『EU MAG』の関連記事

EUの新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する取り組みを教えてください 2021年春号 質問コーナー

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: