Delegation of the European Union to Colombia

カショギ氏事件に対する判決を受けたEU報道官の声明

ブリュッセル, 24/12/2019 - 14:14, UNIQUE ID: 191224_4
Statements by the Spokesperson

EU News 235/2019

<日本語仮訳>

「サウジアラビアの検察は12月23日、リヤド刑事裁判所が、ジャーナリストのジャマル・カショギ氏の殺害の罪で5人に死刑、また3人を禁錮刑を言い渡したと発表した。いずれの判決も控訴が可能だ。

欧州連合(EU)は、いかなる場合においても、例外なく極刑にはっきりと反対する。死刑は、抑止力のない、人間の尊厳と品格の受け入れがたい否定の象徴で、残酷で非人間的な刑罰である。

カショギ氏の殺害という具体的な事件についてEUは、2018年10月2日にイスタンブールのサウジアラビア領事館での同氏の殺害に責任を負い、関与した者全てに対し、説明責任と訴追を完全に確保する必要性を繰り返す。これは、透明性、法的手続きの尊重および適正な手続きの原則に基づかなければならない」
 

『EU MAG』の関連記事
「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み  2014年9月号 特集


EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。

Languages: