Delegation of the European Union to Albania

欧州委員会、西バルカン諸国とトルコの改革に関する年次評価と提言を発表

Brussels, 29/05/2019 - 13:29, UNIQUE ID: 190529_6
Press releases

EU News 95/2019

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、信頼に足る拡大政策が欧州全体の平和、安定、安全保障および経済成長への地政学上の戦略的投資であることを確認し、西バルカンのパートナー諸国とトルコの改革の実施状況に関する年次評価を採択し、これらの国々が取るべき次のステップに関する提言を発表した。

西バルカン諸国

西バルカン諸国において、変革推進、和解醸成、地域安定化および欧州連合(EU)の価値・規範・基準促進のためには、堅実で確かな展望を示すことが引き続き重要である。2018年2月に欧州委員会が採択した「西バルカン戦略」は、EUおよびその加盟国の西バルカン地域への関与をあらためて強化し、同地域全体に新しい気運を生み出した。それから1年が経ち、改革の実施状況はさまざまであるものの、パートナー諸国は具体的な進展を見せ、EU加盟に向けた展望に対するコミットメントを行動で示してきた。

アルバニアと北マケドニアは、とりわけ2018年6月にEU理事会が特に重要であると指摘した分野において、この機会を捉え改革を実行してきた。両国が重要な進展を達成し、当該条件を満たしていることを踏まえ、欧州委員会は本日、EU理事会がアルバニアと北マケドニアとのEU加盟交渉を開始するよう提言した。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages: