This site has been archived on 28 of April 2017
28/04/2017
ホームニュース・出版物ニュース2016> コロンビア政府とコロンビア革命軍の和平合意を受けた、モゲリーニEU上級代表の声明

コロンビア政府とコロンビア革命軍の和平合意を受けた、モゲリーニEU上級代表の声明

EU News 285/2016

2016/08/25
ブリュッセル

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、コロンビア政府とコロンビア革命軍(FARC-EP)が、和平に関する最終合意に達したことを受け、以下の声明を発表した。

「本日ハバナにおいて、FARC-EPとコロンビア政府の間の最終的な和平合意が発表されたことは、賞賛に値する。これは、強い政治的意志と忍耐を要する長期交渉の末、コロンビアに訪れたまたとない平和の機会であり、歴史的な意味を持つ。

本日、フアン・マヌエル・サントス・カルデロン大統領と電話で話し、この歴史的な進展を伝えられた。同大統領の政治的指導力とビジョン、交渉担当者、仲介役を務めたキューバとノルウェー、および交渉を促進したベネズエラとチリにも、敬意を表する。

次はコロンビア国民が国民投票を通して自らの将来を決める番だ。

同国における永続的平和への道を開き、真の国家的和解と正義を基礎とするべきこの和平合意の実施においては、多くの課題が待ち受けている。また、同合意は、紛争の年月を通して多くを失い、多大なる痛みに耐えなければならなかった人々に、真実と償いをもたらすものでなければならない。

EUは、この和平プロセスの開始当初からコロンビアを支援し、紛争後の段階においても支え続ける意向だ。私個人として、平和構築に不可欠な政治的勇気への我々の強い支援を表明するとともに、EUがこの歴史的プロセスにおいて同国と共にあることを約束したいと思う。

5月25、26両日にボゴダを訪問した際にサントス大統領に伝えたとおり、EUとして総額5億7,500万ユーロ相当の支援の提供を通じて、この和平プロセスの実地を支えていく。

すでにコロンビア政府とともに、和平合意の文脈における平和教育を含む新たな取り組みの準備に着手している」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements-eeas/2016/160825_01_en.htm

©Federica Mogherini URL