This site has been archived on 28 of April 2017
28/04/2017
ホームニュース・出版物ニュース2015> 「ジャーナリストへの犯罪不処罰をなくす国際デー」に際したEU上級代表の声明

「ジャーナリストへの犯罪不処罰をなくす国際デー」に際したEU上級代表の声明

EU News 308/2015

2015/11/02
151102_01
ブリュッセル

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、11月2日の標記国際デーに際し、EUを代表して以下の声明を発表した。

「報道は我々の社会を映し出すものである。報道が自由で批判的であれば、我々は自由で安全だ。

しかしながら、ジャーナリストへの犯罪に対する不処罰をなくす国際デーを迎える今も、世界中で、彼らへの威嚇や暴力は増え続けている。

報道記者を攻撃することは、その犠牲者だけではなく、表現の自由と報道の自由をも攻撃することである。EUは、国家の当局が国際的義務を遵守し、そのような犯罪について、中立的な捜査を迅速かつ効率的に実施し、政府系であれ非政府系であれ、そのような暴力の実行犯と扇動者を、法の下で罰することを求める」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements-eeas/2015/151102_01_en.htm