This site has been archived on 28 of April 2017
28/04/2017
ホームニュース・出版物ニュース2015> 国際民主主義デーに寄せたモゲリーニEU上級代表の声明

国際民主主義デーに寄せたモゲリーニEU上級代表の声明

EU News 248/2015

2015/09/15
150915_02_en
ブリュッセル

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「今日は国際民主主義デーである。この日は我々に、EUは民主主義の価値を礎にしており、これらの価値が今なおも世界中の多くの人々が切望するものであることをを、あらためて認識させる。この日はまた、現在困難な時期にあるEU自身にとっても、このことを想い起こさせてくれる時宜を得たものである。

民主主義の構築には時間と決意、継続的な努力、忍耐、長期的ビジョンおよび民主的制度の根幹である機関や手続きが必要である。EU域内においても、何事も当たり前のことと思ってはならない。

EUが世界各地で人権や民主主義を促す一方で、これらの価値は、我々が過去100年で最大の難民危機に直面する中でも守られるべきである。我々自身の価値に対し、首尾一貫して、矛盾がないようにしなければならない。欧州の尊厳、政治的信頼性および国際的有効性がこれに懸かっている。

2015年から2019年までの『人権と民主主義のための行動計画』の採択で、EUは民主主義と人権に対する決意を新たにした。この行動計画は、これらの価値や原側を認識し促進させるには、民主的な政治制度や機関が不可欠であることを強調している。この文脈において、EUは今後も努力を続けるパートナー国を支援することを約束し、民主主義と人権を熱望する全世界の人々と共にある」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements-eeas/2015/150915_02_en.htm