This site has been archived on 28 of April 2017
28/04/2017
ホームニュース・出版物ニュース2016> EU、国連安保理決議に基づき北朝鮮に対する制限措置を拡大

EU、国連安保理決議に基づき北朝鮮に対する制限措置を拡大

EU News 107/2016

2016/03/31
欧州連合理事会

<日本語仮抄訳>

2016年3月31日、欧州連合(EU)理事会は、3月2日に採択された国連安全保障理事会決議第2270号に従い、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する制限措置の拡大を決定した。

特に、禁輸の対象を北朝鮮軍隊の機動力の向上に貢献し得る全ての品目(食料と医薬品を除く)に拡大した。加盟国には、同国との輸出入について、全ての貨物 を自国領土で検査すること、北朝鮮による船舶もしくは航空機のチャーターを禁止すること、船舶の登録を取り消すことが求められる。また、禁輸対象品を輸送 する航空便と、関連する国連安保理決議の違反に関わる船舶の寄港を禁止しなければならない。一定の鉱物(石炭、鉄、金など)の北朝鮮からの輸入、航空燃料 の同国への輸出も禁止することが必要となる。加盟国には、北朝鮮の違法な計画(関連の国連決議が特定するもの)に関与する同国の代表者および第三国国民の 国外追放も求められる。

さらに、以下のような金融措置も追加的に導入する。

- 北朝鮮の核および弾道弾開発計画、もしくは国連安保理が禁止する他の活動に関与している政府機関の資産を凍結する。
- 以下の閉鎖および解除を義務付ける。

o  既存の北朝鮮の銀行の支店、子会社、代表事務所
o  既存の北朝鮮の銀行との合弁事業、所有関係、代理銀行契約
o  北朝鮮国内の既存の支店、子会社、銀行口座であって、同国の違法な計画に寄与する可能性のあるもの

- 貿易のための民間金融支援であって、北朝鮮の違法な計画に寄与する可能性のあるものを禁止する。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2016/03/31-north-korea-restrictive-measures-unsc-resolution/