This site has been archived on 28 of April 2017
28/04/2017
ホームニュース・出版物ニュース2015> 欧州理事会の結論

欧州理事会の結論

EU News 392/2015

2015/12/18
欧州理事会
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州理事会(12月17~18日)

欧州連合(EU)首脳は、2015年12月の会合で、移民・難民問題、テロとの戦い、EUの5機関の長による欧州経済通貨同盟(EMU)に関する報告書、単一市場の完成、そして英国の国民投票に焦点を当てた。そのほか、シリアについての結論も採択した。

移民・難民
EUは、2015年における前例のない規模の難民の流入に対応すべく包括的な戦略を策定し、最も喫緊の問題の解決に向けて全力で取り組んでいる。

議長国ルクセンブルクが作成した報告書によれば、一部の分野では急速に実施が進んでいるが、依然として大きな隔たりが残されている。

12月17日、欧州理事会はこれまでの決定事項の進捗状況を検証し、下記について取り組みを加速させることに合意した。

- ホットスポット(難民管理センター)の運営
- 難民の移住決定および送還の実施
- EUの対外国境の管理
- 移民・難民の出身国および通過国との協力

英国の国民投票
ディビッド・キャメロン首相は11月、英国がEUの加盟国としてとどまることについて国民が抱く懸念に対応するため、改革を求める4つの分野を提示した。

EU首脳は、英国の国民投票の実施計画について議論し、来年2月の会合で4分野全てにおいて解決策を見出すことに合意した。

テロとの戦い
2015年11月13日のパリのテロ事件を受け、EUはテロとの戦いを一層強化しなければならない。EU首脳は下記分野におけるさらなる取り組みについて議論した。

- 情報交換およびテロ資金調達
- 対外国境の管理

- テロリズムを醸成する諸条件、過激思想への傾倒や暴力的過激主義の防止
- 第三国との対テロ協力

対外関係
EU首脳は最後に、シリア、リビア、難民支援について結論を採択した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2015/12/18-euco-conclusions/
http://www.consilium.europa.eu/en/meetings/european-council/2015/12/17-18/

European Council Shoot location: Brussels - BELGIUM Shoot date: 17/12/2015 Copyright: No commercial use. Credit 'The European Union' URL