This site has been archived on 28 of April 2017
28/04/2017
ホーム  >  日・EU関係  >  日・EU経済関係

日・EU経済関係

日本とEUは共に世界の4大経済の一角を成す。世界経済における両者の重要性から、互いのマクロ経済政策を調整するため、緊密な連携を取っている。

毎年、日・EU経済協議を開催し、EU側は欧州委員会、日本側は財務省(財政・予算問題)と内閣府(経済政策全般)が参加する。意見交換の主な内容は、世界経済見通しや財政・金融政策などである。また日・EU双方における構造改革の進展についても定期的な話し合いを行っている。欧州委員会の金融安定・金融サービス・資本市場同盟総局(DG FISMA)と日本の金融庁の間でも、毎年日・EU金融サービス・ハイレベル協議を開催して日・EU間の金融規制環境などについて話し合いを行っている。

2013-GDP-JP

またG20の枠組み内においても、日本とEUは、低成長サイクルからの脱出や低下する企業・消費者の信頼感を高める方法などをはじめとする、グローバル経済の重要な問題について協力して取り組んでいる。財政安定、人口変動の課題、均衡の取れた成長なども定期的な議題となっている。